観光情報観光情報

カトリック雲仙教会

寛永4年(1627年)から寛永9年(1632年)にわたって雲仙の地獄で殉教したアントニオ石田に捧げられ、教皇ヨハネ・パウロ二世の来崎と長崎大司教ヨゼフ里脇枢機卿司教祝聖銀祝を記念して、昭和56年(1981年)6月15日里脇枢機卿によって祝別・献堂されました。

当地が殉教地であるため巡礼者・観光客など年間を通じて来訪者が多くグループでミサを捧げる人もおり、島原教会の巡回教会となっています。

自然に包まれた高台に建ち美しいステンドグラスの中、結婚式を挙げるカップルも多く、教会の結婚式で、白馬にひかれた赤い馬車が湯煙の中を駆ける姿は、雲仙の風物詩となっています。

毎年5月の第3日曜日には長崎大司教区主催で雲仙殉教祭が行なわれ、雲仙教会からお糸地獄まで巡回されます。
 
住所 〒854-0621
長崎県雲仙市小浜町雲仙422-2 
料金 無料
アクセス ・長崎自動車道諫早ICから車で1時間 ・「札の原」バス停下車 徒歩2分
駐車場
お問い合わせ先 雲仙温泉観光協会

TEL:0957-73-3434
FAX:-
メールアドレス:-

地図

地図表示切り替え

周辺スポット

一覧へ戻る