観光情報観光情報

武家屋敷山本邸

山本家の初代左五左衛門は、忠房公の先代三河(愛知県)の吉田城主忠利公時代から家臣となり、寛延2(1749)年、5代忠祇公の宇都宮移封、安永3(1774)年、6代忠恕公の島原への所管の所替に際して随行し、その後幕末まで前後13代の城主に仕えました。山本家は城主からの信頼が厚く、明治以後は悟郎氏秀武氏と合わせ10代続いております。5代茂親氏は、寛政2(1790)年に一刀流の免許、文化元(1804)年には荻野流鉄砲術師範、文化8(1811)年大銃術の免許皆伝を得て、代々重職を務めました。 17石2人扶持で、門構えは最後の城主忠和公が特別に許されたものです。
住所 〒855-0052
長崎県島原市下の丁1995 
料金
アクセス ・島原鉄道島原駅より徒歩10分
駐車場
お問い合わせ先

TEL:-
FAX:-
メールアドレス:-

地図

地図表示切り替え

周辺スポット

一覧へ戻る