観光情報観光情報

早崎玄武岩

島原半島の形成は、半島南端の早崎半島付近にあった海底火山の噴火からはじまりました。

最初は高温のマグマと海水が直接触れ、大爆発が何度も起き、大量の火山灰が海中に積りました。
火山体が成長し、火口が海面上に顔を出した後は、火口からはマグマのしぶきが噴き上がり、あふれ出た溶岩流が、静かに地表を覆いました。この溶岩流は表面がなめらかで、上をホイホイと楽に歩くことができます。

このような溶岩流を「パホイホイ溶岩」といいます。
パホイホイ溶岩は、玄武岩と呼ばれる岩石に見られ、ねばりけの小さい赤い溶岩が川のように流れ下る様子が、ハワイ島などで観察されています。

早崎玄武岩が流れたのは、今から430万年前。生まれたての島原半島は、まさに現在のハワイ島の様な、火山島だったことを伺わせるジオサイトです。
住所 〒859-2501
長崎県南島原市口之津町早崎 
料金 無料
アクセス ・長崎自動車道諫早ICから車で1時間10分 ・「資料館前」バス停下車 徒歩15分
駐車場
関連リンク http://www.unzen-geopark.jp/
お問い合わせ先 島原半島ジオパーク協議会

TEL:0957-65-5540
FAX:-
メールアドレス:-

地図

地図表示切り替え

周辺スポット

一覧へ戻る