観光情報観光情報

白亜紀の壁

 採石によってできた大きな崖。最も高い所では、高さ200mにもなり、現在も採掘は続いている。  この崖はおよそ1億年前の白亜紀の地層からなるために「白亜紀の壁」と呼ばれている。ここは最も多くの恐竜化石が見つかるところで、日本最大級の肉食恐竜の歯や全身骨格の復元が期待される草食恐竜の骨など多種多様な化石が発見されている。  崖には、赤・白・暗灰色・緑灰色の地層が繰り返し見られ、赤と緑灰色は河川の氾濫したときの泥、白は河川、暗灰色は干潟でたまった地層。 ※船上より見学
住所 熊本県天草市御所浦町 
料金
アクセス ・熊本市から倉岳町棚底港まで2時間  →棚底港から定期船で30分御所浦港着  →海上タクシーにて
駐車場
お問い合わせ先 天草宝島観光協会御所浦支部

TEL:0969-67-1234
FAX:-
メールアドレス:-

地図

地図表示切り替え

周辺スポット

一覧へ戻る