モデルコースモデルコース

女子向け 島原・雲仙コース

雲仙ハヤシ

雲仙ハヤシ

 国立公園「雲仙」指定80周年を記念して、雲仙温泉街で新しいご当地グルメが誕生。 かつて雲仙温泉には多くの外国人観光客が避暑に訪れ、その滞在中お昼のランチにかつ丼の上には卵ではなく、デミグラスソースをかけた洋風丼(ハヤシ丼)を食べていた歴史があります。 そのハヤシを雲仙温泉の各施設でアレンジした「雲仙ハヤシ」として提供しています。 お店ごとに特徴のあるハヤシライスがラインナップされているので、食べ比べてみるのもいいかもしれませんね。 また、島原半島は季節ごとに新鮮な野菜がたくさん採れる食の宝庫です。 厳選した野菜を使用し、趣向をこらしたオリジナルの雲仙サラダ、雲仙スムージーも楽しむことができます。美容が気になる女子にはとてもうれしいサイドメニューです!

徒歩 約5分

雲仙湯せんぺい 遠江屋本舗

遠江屋 湯せんぺい手焼き体験

 雲仙温泉や小浜温泉で古くから焼かれる湯せんぺい。 お土産としてもおなじみの湯せんぺいは、小麦粉と卵に砂糖、それに冷ました温泉水を加えて練った生地を薄く焼く、雲仙名菓です。一枚一枚丁寧に焼く、その職人芸を体験し、伝統の味を楽しみます。 友達どうしで体験して、お互いが焼いた湯せんぺいを食べ合うという楽しみ方も!自分や友達が焼いた湯せんぺいだから格別に美味しいはずです!

徒歩 約5分

雲仙ビードロ美術館

雲仙ビードロ美術館

 江戸時代、ビードロ・ギヤマンと呼ばれ珍重されたガラス。 長崎は日本のガラスの発祥地でもあり、当館は「ビードロ」と呼ばれてきた江戸期の吹きガラスや19世紀のボヘミアンガラスなどのアンティークガラスをコレクションしています。 更に柿右衛門・鍋島・古伊万里などの陶磁器、絵画などを季節に応じて展示。 また、各種のガラスづくり体験が楽しめる工房も併設しています。

車 約24分

【刈水地区】かりみずちく(小浜温泉)

刈水庵

刈水庵

 小浜温泉街「刈水地区」にある古民家を改装したショップ・喫茶「刈水庵」。ショップでは内外の工芸家たちの作品や、世界各地で見つけた雑貨などを販売しています。また、喫茶では豊かな自然をながめながら、珈琲やハーブティーを楽しめます。

アイアカネ工房

アイアカネ工房

 同じく、小浜温泉街「刈水地区」にあるショップ、草木染工房「アイアカネ工房」。ハンカチやTシャツなどに、湧き水や葉っぱなど天然素材を使った草木染めが体験ができます。